沿革

1981年 7月
日本アセアン投資株式会社として経済同友会加盟を母体に設立 (資本金10億円)
1985年 12月
海外経済協力基金(OECF)が資本参加
1988年
当社初のファンド「ジャイク1号投資事業組合」設立
1988~89年
ASEAN各国に拠点設立
1989年 10月
OECFが保有株式を日本の民間企業へ放出
1990年
日本での投資事業に参入/ジャイク事務サービス株式会社 設立(100%子会社)
1991年 6月
日本アジア投資株式会社に社名変更
1996年 9月
当社株式を日本証券業協会に店頭売買銘柄として登録
1990年代後半
中国で事業展開するオフショア企業への投資を開始
2005年
中国での投資事業に本格参入/JAICシードキャピタル株式会社設立(100%子会社)
2007年 12月
日亜投資諮詢(上海)有限公司(Japan Asia Investment(China) Co., Ltd. ) 設立(100%子会社)
2008年 6月
当社株式を東京証券取引所市場第一部へ上場
2012年
再生可能エネルギープロジェクトへの投資を開始
2016年
ヘルスケアプロジェクトへの投資を開始
2018年
スマートアグリプロジェクト(植物工場)への投資を開始
2020年
ディストリビューションセンタープロジェクト(物流倉庫)への投資を開始
2020年9月
本社を東京都千代田区九段北に移転