プロジェクト投資|ヘルスケア

日本の高齢化は急速に進み、国内総人口が減少する一方で高齢者人口は増加、65歳以上の比率は2025年には30%に達する見込みです。
また、2013年に障碍者総合支援法が施行され、グループホームの利用者が増加しています。
当社は、ヘルスケアプロジェクト(介護施設、障がい者グループホーム)への投資を通じて、包摂的かつ安全でより住みやすい社会の実現に向けたソリューションを提供します。

介護施設(高齢者向け施設)

当社は、パートナーであるAIPヘルスケアジャパン合同会社(以下「AIP」)が開発するプロジェクトに投資をしています。
AIPは、ヘルスケア分野で豊富な実績を有する企業で、東京証券取引所上場ヘルスケアリート「日本ヘルスケア投資法人」のアドバイザリー業務など、ヘルスケア事業運営会社のニーズに基づく施設の開発を手掛け、業界の先駆者としての知名度を有する会社です。
今後急速に高齢化が進むと予測される東京都心部での大規模複合型高齢者施設の開発に注力し、これまでに既に3件の開発実績を有しています。比較的富裕層をターゲットとした物件にフォーカスし、さらに、複合施設とすることで採算性を向上させている点が特徴です。

右画像

所在地 東京都港区虎ノ門四丁目3番1号城山トラストタワー33階
電話 03-6435-6010
連絡先 enquiries@aipjapan.com

AIP勝どき駅前ビル
右画像

所在地:東京都中央区勝どき(都営大江戸線勝どき駅 徒歩約1分)
物件概要:敷地面積 1,543.09㎡、鉄筋コンクリート造 9階建
4-9階:介護付有料老人ホーム 「ニチイホーム勝どき」
3階:医療モール 「メディパーク勝どき」
2階:100円ショップ 「キャンドゥ 勝どき駅前店」
1-2階:総合スーパー 「東武ストア勝どき店」
投資概要:2016年9月 投資実行、 2018年3月 投資回収

江東区東雲一丁目複合プロジェクト
右画像

所在地 : 東京都江東区東雲
(東京臨海高速鉄道 東雲駅徒歩11分/東京メトロ有楽町線 豊洲駅徒歩12分)
物件概要 : 敷地面積 2,791.58㎡、鉄筋コンクリート造 地下1階、地上8階建
4-8階 : 介護付老人ホーム(定員100名)
3階 : 医療モール、2階:民間学童保育
1-2階 : 総合スーパー、地下1階:駐車場
投資概要:2020年2月 投資実行、 2023年2月 竣工予定(画像は完成イメージ図)

障がい者グループホーム

当社は、パートナーであるソーシャルインクルー株式会社が運営するグループホームに投資をしています。同社は、既に国内最大級の運営棟数を有し、業界をリードするポジションを築いています。ソーシャルインクルーは戦略投資先であり、当社は、ともに事業を行うだけでなく、株主としてもその成長を支援しています。詳細はこちらの戦略的投資事例をご覧ください。

ソーシャルインクルーホーム 浜松神田町(かみだまち)
右画像

所在地:静岡県浜松市中区神田町
営業開始:2020年8月
部屋数:入居者用20部屋、短期入所用2部屋
グループホーム種類:日中サービス支援型
運営者:ソーシャルインクルー株式会社
建設会社:小林建設(本社 静岡県磐田市)

ソーシャルインクルーホーム 広島狩留家町(かるがちょう)II
右画像

所在地:広島県広島市安佐北区狩留家町
営業開始:2020年8月
部屋数:入居者用20部屋、短期入所用2部屋
グループホーム種類:日中サービス支援型
運営者:ソーシャルインクルー株式会社
特徴:呉信用金庫より融資を受けたプロジェクト
建設会社:有限会社榮成(しげなり)興産(本社 広島県広島市)

グループホームでは、10名から20名程度の身体・知的・精神障がいを持つ方が、24時間常駐の世話人の支援を受けながら共同生活をします。従来の障がい者向け入所施設に比べ小規模なため、入居者ひとりひとりのニーズに沿った支援が可能となります。また、入居の効果として、孤立の防止、生活への不安の軽減、共同生活による身体・精神状態の安定などが期待されています。